睡眠時間が短い人は肥満になりやすい

海外の研究によると、「睡眠時間が短い人は肥満になりやすい」というデータが出ています。

4時間未満の睡眠時間という人は、7~8時間と適正な睡眠時間を取っている人に対して、なんと73%もの確率で肥満になっていると言われています。
実は同様のデータが日本の研究でも明らかになっており、やはりダイエットと睡眠には関係があるのです。

何となく「寝ない人=よく動く人」というイメージがあって、痩せやすそうだと思う人もいるかもしれません。
でも、身体の働きを見てみると睡眠時間が短い人はホルモンバランスが崩れてしまい、食欲を増進するホルモンであるグレリンが増えてしまうというデータが出ています。

また、このグレリンが「甘いケーキや味の濃い食べ物を食べたい」と思わせる原因。
睡眠不足が続いている人は、知らず知らずのうちにグレリンにコントロールされているのかもしれません。

また、睡眠不足はダイエットの大敵というだけでなく、不健康を生み出す原因。
ホルモンバランスが崩れるということは身体の機能が正常に働かず、免疫力が低下するなど身体の機能が低下してしまいます。
その為、風邪をひきやすくなったり体調が悪くなりやすかったりと良いことがありません。

「仕事が忙しいから睡眠がとれない」「遊ぶ時間が欲しいから睡眠時間がもったいない」と考えている人もダイエットをして健康で美しい身体作りをしたいと思っているなら「睡眠や食生活を改善しよう」と、まずは意識付けを行うことから始めてみましょう。

ずばり、おすすめの酵素ダイエットはこちらです↓

超美味しい酵素液
プチ断食-13kg目標

このページのトップへ